鍼灸治療 Q&A


Q. 鍼って痛くないの?

A. まったく痛みはありません、というと少し語弊があるかも知れません。鍼を刺す瞬間は皮膚を貫通するために、時々痛みを感じることがあります。大抵は痛みとして感じるほどの強い刺激はありませんが、皮膚や筋肉がこわばっていたり、初めてで緊張していたりすると痛みを強く感じやすい傾向にあります。また、鍼が皮膚を貫通した後に身体の奥で感じる痛みは、響く感覚であったり、重い感じであったり、心地よい感覚であったりと様々です。


Q. 鍼ってどういう症状に効果的なの?

A. 鍼治療は色々な症状を取り除くのに有効です。痛みの緩和はもちろん、しびれや腫れなどにも効果があります。また不定愁訴と呼ばれるはっきりとどこが悪いのか特定できにくい症状に対しても効果的です。もともと鍼は身体のバランスを整えるために使われる治療道具ですので、症状に直接効くというよりは、その症状を治す身体のバランスを整えるといったほうがよいかも知れません。すぐに効果がでなくても、継続的に治療することで体調が改善されてくることが多いので諦めずに治療を受けていただきたいと思います。


Q. お灸の効果ってなに?

A. お灸には温熱効果があります。冷えてる身体に有効な施術法です。当院では、煙や臭いのでないセラミック電気温灸器(セイリン製)を使用しています。臭いを気にしない方には、カマヤミニを使用しています。


Q. 鍼の太さはどれくらい?

A. 当院で使用している鍼は、3種類の太さがあります。細いものから順に、直径0.16mm, 0.18mm, 0.20mmです。刺す場所や症状の程度によって使い分けますが、いずれも髪の毛と同じくらいの細さです。

セイリン株式会社のステンレス製・滅菌済みの使い捨て鍼なので、衛生面でも安心です。(セイリン製の鍼は安全性においても国内トップクラスです)


Q. 鍼はくせになると聞くけど・・・?

A. そのようなことは決してございません。治療回数の頻度は個人個人異なりますが、鍼治療そのものに常習性はございませんし、症状が改善していけば徐々に治療から離れることになります。体調を整えて回復すれば、治療する必要はなくなるのです。悪化した症状を改善するまでには、少なからず時間がかかるものです。回復するまで治療回数を重ねることは当然のことで、くせになるという意味にはなりません。


Q. 鍼に副作用はあるのか?

A. 副作用はありません。ただし、治療直後に目がくらんだり、身体が重だるくなったりすることはあります。これらは鍼による反動と考えられてますが、安静にしていれば自然に治りますので心配ございません。


Q. 着替えは必要?

A. 当院では専用の治療着を用意させて頂きます。また女性専用の個室もございますので、安心してご来院ください。


Q. 鍼は怖くてやりたくないのだけど・・・?

A. 鍼がどうしても嫌で受けたくない、でも痛みや症状をなんとか改善したいという訴えはよくあります。当院では、手技療法や超音波療法なども行っております。治療法については、患者さまの要望に合わせて提案させていただきます。