痛みとストレス

自律神経とは

 少し専門的になりますが、ヒトの神経系には「体性神経系」と「自律神経系」とに大きく分けられます。

 

 体性神経系は、脳の意思による命令を手足に伝え、動かす「運動神経」というものと、目や耳や皮膚などで感じる情報を脳に伝えて、意識や感覚をおこす「感覚神経」というものから成ります。つまり、われわれの精神活動や自由意志による行動は、体性神経系によってコントロールされているのです。

 

 これに対し、自律神経系はわれわれの脳の精神活動とは無関係に、身体の組織や臓器などの働きを自動的にコントロールするものです。

 

 自律神経系には、「交感神経」と「副交感神経」とがあり、両者は互いに反対の作用をします。例えば、①心臓の拍動は交感神経の興奮によって増大しますが、副交感神経が興奮すると減少します。②血管は交感神経のよって収縮して細くなるため、血流量が減少しますが、反対に副交感神経は血管を緩めて血管を広げるため血流量が増えるのです。③また食物を消化吸収する胃腸のはたらきは副交感神経によって活発になりますが、交感神経によって不活発になります。

 

 交感神経が興奮するときは副交感神経は静まり、反対に副交感神経が優位になるときは交感神経が劣位になるという関係性です。そして、われわれが健康なときは、交感神経と副交感神経のはたらきはバランスがとれていて、体内の状態は一定に保たれています。これは生体の恒常性(ホメオスタシス)によるものです。

 

 *ホメオスタシス(生体恒常性)とは、身体の外部環境の変化に逆らって、体内の環境を一定に維持しようとする生体のはたらき。

 

自律神経系の失調

 精神的ストレスなどによって交感神経と副交感神経のはたらきのバランスが崩れた状態を、自律神経系の失調といいます。自律神経系はホメオスタシスのはたらきを維持しているので、これが失調することで、ホメオスタシスが維持できなくなり、身体は変調をきたし疾患が起こってしまうのです。以下は自律神経系の失調による代表的な疾患や障害。


 ①心臓の異常・・・不整脈、頻脈、心不全

 ②血液循環の異常・・・循環障害、血行障害、内出血

 ③消化管の異常・・・消化不良、胃腸障害、胃十二指腸潰瘍

 ④免疫機能の低下・・・感染症の罹患、発ガン

 ⑤情動行動の異常・・・食欲減退、拒食症、情緒不安定、うつ


 冷え性や異常発汗なども自律神経系が関与していますので、いかに自律神経系を調整することが重要なことかお分かりかと思います。


自律神経系を整える

 ひとえに自律神経系を整えるといっても、なかなか簡単ではないかも知れません。しかし、精神的ストレスによって崩れた自律神経系のアンバランスです。現代社会において完全にストレスから逃れることは出来ませんが、ストレスを発散する方法はいくらかあるかと思います。


 運動して汗をかいたり、お風呂や温泉にゆっくり浸かったり、カラオケで騒いだり...気分転換できることから始めるといいかと思います。


 当院がお勧めするのは、まず半身浴です。長風呂が苦手という方もよくいらっしゃいますが、10〜15分程度のお風呂がストレスになることはないかと思います。ぜひトライしてみて欲しいです。そして、腹式呼吸で呼吸を整えることです。これは色んなやり方があるかと思います。武道やヨガなどでも腹式呼吸法は取り入られているので、そういうところから入っていくのも良いかもしれません。


 そして、やはりリラックスすることが大切です。マッサージや鍼灸治療なども身体を休めるには、非常によい方法だと思います。治療に行こうと考えるのではなく、まずは気分から変えて行こうという気持ちで色々試して頂きたいと思います。決して溜め込まず、一人で悩むのだけは避けるようにしていただきたいものです。


休診日のお知らせ

7月の臨時休診日

 

7月29日(土)

 

 

8月の臨時休診日

 

8月2日(水)

8月12日(土)

 

 

何卒よろしくお願いいたします。

ご予約専用ダイヤル

☎ 03-3445-1831

診療時間内は施術中につき、セールスや営業の電話はご遠慮ください。

あすも はりきゅう整骨院

 東京都港区高輪4-21-1 サザン高輪101

  ☎03-3445-1831

  http://www.asumogenki.jp