女性のトラブル

冷え性

 よく身体が冷えやすい人が自分は「冷え性」だと表現したりしますよね。冷え性は「冷え症」とも書いたりしますが、病名でもなければ病気ではありません。ですから、西洋医学の病院に行っても治療法がありません。東洋医学において「冷え」は病の根源と考えるので、非常に大事な症状となってきます。

 

 ひとえに冷え性といってもその状態は個人により異なります。手足に冷えを覚える人やお腹や背中が冷える人、また下腹部に手を当てると非常にひんやり冷たい人など様々です。問題なのはそれが苦痛となり、身体にとって悪影響を与えることです。 

 

 そもそも冷え性は血行不良が原因でおこるわけですが、そこに深く関与しているのが自律神経と言われています。自律神経は血管を収縮したり拡張させたりする作用があるため、自律神経の調子が崩れると手足の冷えのみならず頭痛や肩こり、動悸に不眠などといった様々な症状が現れます。

 

 あらゆる病気の根源は「冷え」であるという東洋医学の考え方からすれば、当然「冷え」という症状を放置しておくわけには行きません。常に身体を温め、保護する必要があります。毎日のお風呂や腹巻きに靴下の重ね着など、様々な工夫は必要です。身体を冷やす食べ物は出来るだけ避けて、睡眠はしっかり取ります。それでもまだ万全でなければ、マッサージや鍼灸といった施術によって全身の血行を促すことも非常に効果的です。

 

 当院では、東洋医学(予防の医学)を基礎に「冷え」に対する治療を積極的に行っています。血行を巡らして冷え知らずの身体をつくって、万病対策をして行きましょう!冷え性で悩まれている方は、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

休診日のお知らせ

7月の臨時休診日

 

7月29日(土)

 

 

8月の臨時休診日

 

8月2日(水)

8月12日(土)

 

 

何卒よろしくお願いいたします。

ご予約専用ダイヤル

☎ 03-3445-1831

診療時間内は施術中につき、セールスや営業の電話はご遠慮ください。

あすも はりきゅう整骨院

 東京都港区高輪4-21-1 サザン高輪101

  ☎03-3445-1831

  http://www.asumogenki.jp