スポーツ傷害

足首のねんざ

 捻挫(ねんざ)とは、外力によって関節の動きが正常範囲を超えることにより起こる軟部組織(靭帯・関節包など)の損傷のことをいいます。足首を内側に捻って、外側の靭帯(外側靭帯)などが伸ばされることによって痛みが生じるものです。

 

 内側に捻るので「内反捻挫」といいます。

 

 外側靭帯には、前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯があり、それらの靭帯の一部や全部が損傷をうけることにより、軽症〜重症(第1度・第2度・第3度)と分類されます。

 

 第1度(軽度)捻挫は靭帯の微小断裂といわれ、痛みと多少の腫れが出ますが、適切なRICE処置を行えば早期に回復します。第2度(中等度)捻挫は靭帯が部分的に断裂を起こしているため、腫れや内出血が強く出ます。痛みが強く、歩行も困難になります。直ちにRICEを行い、安静にします。第3度(重症度)捻挫の場合、靭帯は大きく断裂し、強い腫れと内出血がみられます。手術を要することも考えられるため、医療機関の受診を促します。

 

 発症の機転は、バスケットボールの着地時や切り返し動作などです。スポーツ以外でも段差から足を踏み外したり、ハイヒールを履く女性などが容易に足を捻ることは多いかと思います。

 

 内反捻挫は非常に地味なケガな割には、足首を包帯で固定したり、松葉杖をついたりしなければならなかったりで、けっこう大袈裟なケガに見えてしまうものです。だからといって、初期の処置を間違えると回復に時間がかかり、日常生活に大きな支障をきたします。

 

 捻挫したらまずは自分でRICE処置を行えればベターなのですが、なかなか専門知識がないと難しいと思います。ですから、自分でできなければ、直ちにお近くの接骨院・整骨院(*整体院ではない)に連絡をとり診ていただいてください。

 

 RICE処置については、次項「RICE」をご参照に。

 

 

 

休診日のお知らせ

本日は通常営業です。

 

ご予約専用ダイヤル

☎ 03-3445-1831

診療時間内は施術中につき、セールスや営業の電話はご遠慮ください。

あすも はりきゅう整骨院

 東京都港区高輪4-21-1 サザン高輪101

  ☎03-3445-1831

  http://www.asumogenki.jp