スポーツ傷害

肉ばなれ(もも裏)

 肉ばなれとは、走ったり飛び跳ねたりしたときに、筋肉に急激な強い力が生じて、筋肉の一部に傷がつくことです。とくに大腿後面(ハムストリングという)にもっとも多く、ついで大腿前面や内腿にも起こります。

 

 100m走では、後半の加速時にハムストリングの肉ばなれを起こしやすく、中距離走では下腿(ふくらはぎ)に、サッカーやラグビーなどボールを蹴る競技者は内腿や大腿前面に生じやすいです。

 

 原因は、筋肉の柔軟性が不十分であったり、疲労やウォーミングアップの不足があげられます。また屈筋と伸筋の筋力差などにも原因があるといわれています。

 

 症状は、軽度なものから重度なものまであり、それらに応じて痛みや腫れ・内出血の有無が異なり、重症なものは筋・腱の完全断裂といったりします。

 

 基本的な処置はRICEを行い、1週間程度の競技活動(練習も含める)を禁止します。その後、温熱療法やストレッチ、マッサージなどを行って行き、最終的には筋力トレーニングを経て競技復帰を目指します。

 

 競技復帰後に再発する可能性もあるため、慎重に経過をみながらトレーニングを続けて行く必要があります。

休診日のお知らせ

9月18日(月)と23日(土) は祝日のため、休診日です。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

ご予約専用ダイヤル

☎ 03-3445-1831

診療時間内は施術中につき、セールスや営業の電話はご遠慮ください。

あすも はりきゅう整骨院

 東京都港区高輪4-21-1 サザン高輪101

  ☎03-3445-1831

  http://www.asumogenki.jp